【全話ネタバレ】圧倒的反響を呼ぶ青春ラブストーリー!!!『アオのハコ』漫画

こんにちは、推し漫編集部です。

今回の全話ネタバレは、現在大注目の圧倒的反響を呼ぶ青春ラブストーリー!!『アオのハコ』のを紹介♪

「アオのハコ」は、高校生主人公・大喜と一つ年上の先輩・千夏が大喜の家で下宿し同居生活を送る内容を描いた青春恋愛ストーリーです。

ジャンプ漫画ならではの、爽やかで青春王道を行く恋愛漫画です。

また、『次にくるマンガ大賞2021』にノミネートされた作品であり、その注目度は日に日に大きくなっています。

『次にくるマンガ大賞』とはダ・ヴィンチとニコニコが創設した”ユーザー参加型”のマンガ賞です。ユーザーから「次にくる」と思うマンガのエントリーを受け付け、エントリーした作品の中から、特に人気の高かった作品をノミネート作品として選定します。
そして、ノミネート作品を対象に、ユーザーの投票を行い、大賞を決定します。

\コスパ一番はコミックシーモア!/

サイト名配信状況備考
コミックシーモア初回購入50%OFF+試し読み増量
BookLive初回購入50%OFF
U-NEXT新規登録無料ポイントで1冊無料購入!
(2022年1月現在)

『 アオのハコ 』

BookLiveは初回登録時に50%オフクーポンをゲットできます!
友達招待コード「46591072」を入力して30日間20%ポイント還元

ゆめ子

大人気「東京リベンジャーズ」も配信されています!

速報のお知らせ!
編集部

今、コミック.jpがアツい!!
お試し無料登録で1,200ポイントと大盤振る舞い!

マンガ作品配信数最大級!「コミック.jp」

30日間無料お試しで貰えるポイント増量中!
1,200ポイント(通常675ポイント)

\キャンペーン中/

・10冊買うと1冊もらえる! 
※購入金額の10%分のポイントをキャッシュバック
・定期的に変わる無料漫画が沢山! 

コミック.jpを使うと1,200ポイント分(マンガ約2冊分)が無料で読めちゃう!

スポンサーリンク

全話ネタバレ

ネタバレリスト

40話39話38話37話36話
35話34話33話32話31話
30話29話28話27話26話
25話24話23話22話21話
20話19話18話17話16話
15話14話13話12話11話
10話9話8話7話6話
5話4話3話2話1話

概要

★あらすじ★
バドミントン部に所属する猪股大喜は、女子バスケ部の先輩・鹿野千夏に恋をしていた──。

自主練を真摯に取り組む姿に心惹かれていたが、思いもよらぬ事実が発覚し…!?

道のりは遠く、想いは近く。

青春ラブストーリー、はじまり。

引用:BookLive

青春部活ラブストーリー漫画、アオノハコは中高一貫のスポーツ強豪校・栄明学園を舞台に、男子バドミントン部に所属する猪股大喜が、その1つ上の女子バスケットボール部の先輩である鹿野千夏に片思いする姿が描かれています。

終始、透明度が強い爽やかなタッチで描かれている本作品は、大喜が高校一年に進学してからスタートし、季節を追いながら高校生活と部活動に励む姿が特徴的です。

『アオのハコ』最新3巻は2022年1月4日に発売されます。

主な登場人物

猪股 大喜
高校1年生。バトミントン部所属。笠原、雛とは中学3年間ずっと同じクラスで幼なじみ。千夏とは1年半前にシュート練習を見て好意を抱いて、中学の部活引退後の高校自主練を行う体育館で知り合う。同居することになった千夏を少し気にしており、千夏からもらったミサンガを足につけている。ミサンガをもらった後、雑念を感じるたびに腹筋30回行っている。バトミントンを始めたきっかけは全責任が自身に来る緊張感が楽しかったから。

鹿野 千夏
高校2年生。バスケ部所属。バスケ部次期エースで雑誌で特集を組まれるほど注目されている。家族が海外に行く都合で猪股家に居候している。ぎりぎりで全国大会に行けなかった時は悔しさから翌日一人泣きながらシュート練習をしていた。同じクラスメイトからちーと呼ばれている。ミニバスに入る前からバスケをやっていた。かばんにバスケットボールとサメのストラップをつけている。

蝶野 雛
高校1年生。新体操部所属。薄い赤髪。B型。大喜とは膝カックンするなどからかう仲。千夏の存在を少し気にしている。中学時代は全中4位の成績を残す。父は元体操日本代表。肉体美が好み。体重維持するため、食べ物には気を使っている。

笠原 匡(かさはら きょう)
高校1年生。大喜のことを友人として気にかけてアドバイスをしている。インハイ予選にはダブルスで出場した。

針生(はりゅう)先輩
高校2年生。県大会3位の成績を残している。部内戦では後半大喜に粘られるもストレート勝ち。千夏と同クラス隣同士で共にクラス委員に選ばれている。

(出典:Wikipedia

ゆめ子

登場人物紹介は各話の”より詳しいネタバレ”に記載しているよ!
ここには初期の人物紹介を記載してます。

1話

2話

3話

同居している事実を悟られてしまうのはマズいと考えている大喜は隠し通すことを決意。

その瞬間…

千夏が現れ、忘れた財布を届けに来てくれました。

咄嗟に会話を遮り、拾った事に挿げ替えて話すを終わらせました。

事前に同居の事実を隠す話を付けなかったので、千夏は冷たい空気を出しながら、そのまま去っていってしまいます。

しかし、それは千夏の気遣いだったのです。

それを見た雛は、直接千夏に仕掛けます。

先輩って、彼氏とかいるんですか?欲しいとは思わないんですか?

千夏は、今は部活で精一杯であると言い残して去っていきます。

大喜は心の中で、そう言われることが分かっていました。

雛は、その内容に困惑します。

体育館での練習中、二人で顔を合わせたタイミングで大喜は話しかけました。

すると…

知らない人のふり、するんじゃなかったの?

やっぱり、同居してるって恥ずかしいのもあるし、先輩は思っている以上に影響あるから。

周りにバレたら、あることないこと騒がれて、部活どころじゃなくなると思って、それで…

その理由にい驚いた千夏は、

なんだ、私てっきり、あの新体操部の子のこと、好きだからかと思った!

雛の視線に気遣って冷たい態度を取っていたことを知って、一層可愛さを感じたのでした。

4話

学内での注目は女子バスケ部の千夏と新体操部の雛、どちらもビジュアルの良さと実績があり、校内の有名人です。

部活の帰り道、雛と出会います。

大喜の家の近くに整体屋さんが出来たので行こうとしていたのです。

もし雛に、千夏先輩が猪俣家に入っていくところを見られたら…

千夏がまだ学校にいることが分かっているので、大喜は急いで 整体屋さんに向かおうとします。

食べ物を見て、食べたそうにする我慢する雛を見て大喜は、

我慢することを「がんばり」と思わないって、普段から自分い厳しい証拠。

そういう普通の基準の差が、俺より強い人たちとどれくらいあるんだろうって考えると、少し不安になって…

それと同時に、その中で戦っている雛は、やっぱりめちゃくちゃかっこいいなって!

雛は少し照れながらも満面の笑みを浮かべます。

5話

きっと!千夏先輩と針生先輩はただの友達だって!

しかし…次の日

二人で談笑している姿を見つけてしまいます。

ニックネームで呼び合う仲であると見せつけられた大喜は、どういう流れがあってその呼び方になったのか気にせずにはいられず…走り出します。

…俺、だっさ

玄関に倒れ込んでいると、後ろから千夏が帰宅してきます。

部屋に戻ろうと立ち上がろうとすると…

あ、待って!

違ったら恥ずかしいんだけど、さっき走って帰ってきた?

それって、私が先に帰ってて、外で待ってたりしないようにかなって…

ーなんで気づいちゃうんだよ

名前の呼び方ひとつで、あんなに悩んでいたのに…

俺の行動見れれくれたってだけで、嬉しさで、そんなのどうでもよくなるじゃん

だとしたら、ナイスリカバーリングだね

いちいち気にしたらキリがない…そう思いながら大喜はランニングに出かけていきました。

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ

6話

部内戦が開始され、順調に価値を重ねていく大喜。

一年生の中では断トツの実力を発揮するも、レギュラーメンバーと対戦しないと意味がないと言い切ります。

針生先輩と千夏の仲に対しては、どんな形であろうと決して振り回されないと決めたのでした。

体育館の控室で、二人が話しているのを聞きつけます。

「何かに一生懸命な女子っていいよなぁ」

会話を立ち聞きしていると気になる発煙が飛び込んできます。

最悪なタイミングで飛び込んでしまったと後悔しながら、針生先輩との部内戦に臨みます。

大喜は、相手は千夏とも仲良くて、もしかしたら同じ人を好きかもしれなくて、しかも自分よりインターハイに近いのです。

圧倒的な力の差を見せつけられ…”どっちも諦めろ”と言われているような感覚です。

1セット目は大喜の惨敗でしたが、心は振り切れているようで…

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ

7話

部内戦を終え、後半は盛り返したのですが、大喜は針生先輩に負けてしまいました。

「大喜君、ついてきて!」

背後から千夏の声がして、公園に導かれます。

千夏はバドミントンのラケットを二つ持っていました!

「この前、やろうって言ったでしょ」

大喜は、その約束を覚えていたことに驚いていました。

バドミントンのラリーをしながら、針生先輩との試合内容を振り返ります。

大喜は、内容が良かったとしても負けてしまっては意味がないと持論を展開しますが…

千夏は満面の笑みを浮かべながら、

「大喜君って、ホント負けず嫌いだね」

一通り練習が終わって、一緒に帰ろうとすると…

気にしてないかもしれないけれど、女子と同じ家に帰るのが恥ずかしいので、先に帰ってもらうように大喜は公園に残りました。

千夏は” 気にしてないかもしれないけれど ”という言葉が気になり…

そう見えるんだ…と思い、先に帰るのでした。

スポンサーリンク

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ

8話

それで、お前千夏のこと好きなの?

すべて見通されていました…

恋人になるやつも、さぞかっこいいやつなんだろうなぁ

絶妙な口撃で、大喜の心を揺さぶっていきます。

連日、練習メニューは過酷を極め、大喜が心休まる場所は教室だけでした。

針生先輩がペアとはいえ、こんなに世話焼きであることに疑問を抱きます。

それは、「俺の好きな人に手を出すな」といった牽制に捉えることが出来るかもと…

雛が推測します。

練習後にタイミングよく2年生連中と合流した大喜たち。

針生から大喜が紹介され、未熟なプレーもあるけど、強くなると思うと太鼓判を押されました。

先輩たちに認められたことで、大喜の気持ちは安定してきました。

そのタイミングで針生の彼女からメッセージが来ました。

なんと、全て分かりきった上で大喜をコントロールしていたのです。

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ

9話

ある日、同居生活ならではのハプニングが発生します。

私のジャージ間違って持って行ってない?

大喜のカバンの中には千夏のジャージが入っていました。

5限が始まるまで、時間が残されていません。

人に見られないように千夏に届けるために教室を出ます。

途中に運悪く針生先輩に捕まったり、誰もいないはずの視聴覚室に雛が新体操部のミーティングをしていたりと、どこも人だらけです。

そこへ、千夏から新たなメッセージが来ました。

呼び出られた場所、立ち入り禁止になっている西口の屋上へ向かいました。

そして、無事に合流出来ました。

すぐに渡そうとすると、5限の予鈴が鳴り始めます!

時間がない千夏は、その場で着替え始めました!!

千夏はどこでも着替えられるように慣れて鍛えられていると言い張りますが…

さすがに大喜も、その場から離れ屋上の入り口を見張ります。

緊張の時間が流れます…

男として意識されていないのではないかと不安になり、男を磨くことを決意します。

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ
スポンサーリンク

10話

悩んだ時こそ運動…!

大喜は庭に出て、無心にラケットを振り込みます。

そこへ、千夏が現れます。

大喜の来ているシャツが裏表逆であると指摘し、その場で着替えることに…

照れながら千夏は…

「大喜くん、腹筋割れているんだね」

「いつも筋トレしていたもんね、針生君も体が出来てきたっていってたよ」

と日々の成果を褒めますが…

「でも、筋肉が付いたからと言ってバフ度が上手くなるわけじゃないし」

卑屈に答えを返してしまいます。

千夏は大喜の思考までも緊張が見られると解釈し、

リラックス効果の大きい”百会のツボ”を押してあげました。

続けて…

「大喜くんには、来年も再来年もあるんだし」

それじゃじゃダメなんですよと言い残し、大喜はその場を後にします。

この言葉の意味は、千夏が卒業してからでは意味がないと心の中でつぶやきなのでした。

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ

11話

大喜と針生先輩のペアは、あっという間にBEST16まで進みます。

そこに、ひときわ目立つ他校の選手が針生先輩に話しかけてきました。

その生徒とは…下富高校・岸祥一朗。ジュニアの時に針生先輩とペアを組んでいた選手です。

岸は針生先輩に開口一番、詐欺師であると言いがかりをつけてきます。

茅野千夏さんの連絡先を教えてくれると言ったのに!!

針生先輩は連絡先を賭けて勝負をしていて、その約束が果たされていないと言い張っています。

岸は去年に英明高校の文化祭で財布を落とし、それを拾ってくれたのが千夏だったのです。

それ以来、一目惚れした岸は針生先輩を頼り紹介してもらうようにせがんでいいたのでした。

今回のダブルス勝負で、再度千夏の連絡先を賭けようとしますが…

なんと、ペアの選手・横山が腹痛で運ばれてしまい…

勝負は成立しませんでした。

あくまで勝負にこだわる岸に対して針生先輩は、

来週のシングルスで大喜に勝ったら連絡先を教えてやるよ

と大きな約束を取り付けてしまいました。

これは大喜に対する試練のような巧妙な作戦です。

帰宅した大喜は、千夏と少し顔を合わせづらい状況です。

千夏は、来年も再来年もあるって言ってしまった事を後悔していて、怒っているのではないのかと考えていました。

それを、“今年は負けてもいいじゃん”と捉えられていないかが心配になっていたのです。

大喜には、そのように捉えられていた意図はなかったのですが、千夏は後から気付いてネックになっていました。

それは、大喜を励ますためではなくて、自分の不安を吐き出した言葉だったと反省しました。

その声は、立ち聞きしていた大喜に届き…

自信満々にシングルスでも勝つことを宣言します!

千夏もそれを見て見習うことになりました。

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ

12話

いざ、地区予選の開始!

千夏の連絡先を賭けて大喜と岸がぶつかります。

針生は大喜の勝ちを確信した上で約束を取り付けたのでした。

そこへ、偶然にも隣の高校で練習試合を終えた千夏が現れました!大喜の親友である匡は、千夏と同居している事情を聞いていて千夏に話しかけました。

今の試合に、千夏の連絡先が賭っていることを暴露してしまいます。

それは、あくまで岸側のプラスアドバンテージであり、大喜側には何のプラスもないのです。

そこで…匡は一つ提案します!

大喜が勝ったら水族館に連れていってくれないかと依頼します。

これはファインプレー!!

大喜が頑張れているのは千夏の影響があるからであり、匡の目線から見てもすべての要素において明らかでした。

身近に同じ目標を持った人がいて、自分をしっかり律して努力が出来ているところが大きいのだと分析します。

それに対して、ちょっとご褒美があってもいいのではないかと千夏に持ち掛けます。

すると…!

予想外にも千夏は水族館行きを快諾するのでした!

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ
スポンサーリンク

13話

地区予選、二人の真剣具合はさほどのもので、実力は拮抗しています。

インターハイ予選の前哨戦ともなり得るマッチでしたが、僅差で大喜が勝ちました!

対戦相手だった岸は、悔しさを滲ませながらも爽やかに挨拶をして去っていきました。

試合を観戦していた雛は大喜の元に駆け寄り、馬鹿にしながらもその健闘を称えに来ました。

そこでアクシデントが起こります!

突然、千夏からメッセージが届き、雛に見られてしまいます!

その内容が…水族館へのお誘いだったのです。

これは、匡から依頼された公約を果たした内容であり”自然に起きた事”ではないことを雛に伝えます。

すると、雛は最初は驚いていたが、事情を知って初デートを煽る様子で去って行きました。

しかし…その素顔は笑っていませんでした!

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ

14話

普段と違うワンピースの服装で現れた千夏。

たまたま行きたかった水族館であるのに、この行動は脈ありだと大喜は解釈します。

隣に一緒にいるうちに、どんどん距離が縮まっていくような感覚になっていきます。

気持ちを伝えたい大喜でしたが、目標であるインターハイ出場までは、まだまだ遠い状況で

何より同居人に告白されたら、居心地が悪くなってしまう事を懸念します。

一通り水族館を回り終わり…大喜は帰ろうとしますが

千夏は、大喜に対して話したいことがあると呼び止めます。

このシチュエーションとタイミング…!!

大喜の心が舞い上がります。

その内容とは…

「ごめんね」

「この前、来年も再来年もあるって言った事」

大喜が頑張っているのを知っていたのに無神経に発言してしまった事を謝ります。

その一件以来、ちゃんと謝らないでなぁなぁになっていくのが嫌で、一緒に暮らしていくのも嫌になると思い、今日に謝ることを決めたのでした。

デートと期待していた大喜は、その件に関しては重要視しておらず、逆に腰が抜けるような気持でした。

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ
スポンサーリンク

15話

水族館でのデートを経て、調子が上向いてきている様子です。

大喜の気持ちは前向きで、千夏とは付き合えるなら付き合いたいと言った具合です。

しかし、同居しているなどの観点から、大喜からは積極的にアプローチが出来ない状況になっています。

浮かれている大喜の顔を見て雛は、どことなく快く思っていない様子です。

雛は行きつけの整骨院にメンテナンスに行くと、千夏と鉢合わせになりました。

千夏のカバンに着けてあった水族館で買ったであろうアクセサリーを見て、脈があるものだと判断するのでした。

整骨院を出ると外は雨が降っていて、傘を持ち合わせていなかった雛は千夏から予備の傘を借りることになりました。

しかし、そのすぐ後に整骨院の受付の人が中からスマホの忘れ物があるようで、外に出てきました。

スマホを忘れた千夏、それを届けるために雛は、傘を借りた恩を感じながら、その後を追いかける事にしました。

その帰路を追っていくと…

なんと、大喜の家に入っていくのを見てしまいました!!

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ

16話

ひたむきに隠していた、千夏との同居生活だったが、偶然にも家に入っていく千夏の姿を雛に目撃されてしまいました。

一度、心の整理をつけるために帰ろうとする雛でしたが…

意を決して二人の間に入り込みます!

二人に対して説明を要求し、両親が海外に行っている間に預かってもらっていることを告げます。

雛が大喜と千夏が結ばれるように応援していたにも関わらず、家に帰って二人に時間を過ごしていたのです。

後日、部活中に顔を合わせた雛は、大喜の足首にあるミサンガについて尋ねます。

大喜はミサンガを自ら身に着けるタイプではないのです…

千夏からもらったミサンガだと告げ、お互いインターハイを目指す”同志”としての証に着けていると大喜は言いました。

二人の関係が、思っているよりも深いところで進んでいることを感じた雛は、急な疎外感を感じ…

自然と涙を流すのでした…

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ

17話

県大会に向けて練習に励んでいる雛は、同居の発覚によってミスが目立ち始めていました。

体育館での大喜との絡みも、それ以降は千夏への気遣いで、余計によそよそしくなってしまい、心理的な軋轢を生んでしまいました。

雛は自分が”邪魔者”であると自身の心に決めてしまったのです。

意識するようになってから、根詰めるようになってしまい、練習へ影響が出ているのが外から見ても分かるようになってしまいます。

考え事をしながら歩いていると…

出会い頭、人にぶつかってしまい足をくじいてしまいました!

そこへ、疎遠になりつつあった大喜がいち早く様子を見に来てくれたのです。

大喜は、とりあえず保健室に連れて行こうと肩を貸そうとしますが、夏に見られたら良くないと雛は拒みます。

肝心な時に余計なことを考えずに、自分のことだけ一番に考えていいとアドバイスします。

大喜の肩に掴まりながら、気づきたくない”その気持ち”の行方は!?

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ
スポンサーリンク

18話

大喜は雛に肩を貸し、保健室までやってきました。

診療の結果、ひねった足首に特に異常はありませんでした。

けがをすることに敏感なり、プレッシャーから来る精神的な痛みがあるようでした。

保健室で大喜は雛の痛みが引くまで話を聞くことになりました。

その会話の中で、どうしても新体操で勝てない人がいることを打ち明けます。

その選手は、審査委員が虜になってしまっていて、演技以外で得点が入ってしまうというものでした。

華があるのに気取らず、努力も欠かさない…かなりの強者感が出ているのです!

良く知る馴染みである大喜は弱気になる雛の本心を突くのでした。

負けるのは勿論イヤだし、プライドも許さないだろうけど

何より戦わずの逃げる自分を許せないタイプ

雛ってそういう奴じゃん

雛は大きな笑みを浮かべて、その場を後にします。

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ

19話

重い荷物を持つ姿を見て大喜は、荷物を持ってあげようと話を持ち掛けますが、千夏は以前に同じ家に帰る事が恥ずかしいと言われた事を思い出し拒否します。

誘い方がスマートではなかったと悟った大喜は、TAKE2でやり直します。

偶然通りかかった後輩ムーブで、荷物運びを任されることになりました。

千夏は3月に引っ越してきた後の住み心地や、諦めようとした目標に挑戦できた事、そして…

何より、あの家に住んでよかった事

すべて打ち明けました。

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ
スポンサーリンク

20話

いよいよインターハイの予選が開始した女子バスケ部。

難なく初戦は突破したが、越えなければいけない相手で、去年の雪辱でもある籠原学園が決勝で当たることになります。

千夏は勝ちたい気持ちでいっぱいです。

会場から学校に戻った女子バスケ部員は、千夏への評価に対して納得がいかない様子です。

偶然その話を、学校の廊下で廊下で聞きつけた大喜が立ち止まります。

表面的なプレイだけを指摘し、千夏が部活の為に越境して“親戚の家”に住んでいることなどの覚悟を知らない事に不満を漏らしています。

そこに千夏が通りかかりますが、チームメイトを気遣い、その場を去ります。

大喜は、言われたことに対して、気にすることはないと全力でフォローしますが…

私が籠原戦で活躍して、勝てば2度とそんな風には言わないでしょ?

籠原側から、そのように見えたのは事実だし、プレーで見せつけるしかないと思っていたのです。

大喜も調子を上げて、練習試合で先輩からセットを取ることが出来ました!

二人ともインターハイ出場の目標に向けて準備は万全なようです。

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ

21話

インターハイに行けたら、千夏に告白するのか?

と問われます。

告白はしたいが、万が一フラれたら自分の家に居づらくなることになり、相手のことを無視して自分の気持ちを押し付けるようなことはしたくない。

大人の意見で返します。

コンビニに立ち寄ると、部活帰りの生徒で溢れていました。

そこには千夏と雛と生徒が数人いました。

すると雛が大喜の唐揚げを一つ奪い取り食べてしまいます。

その代わりのお礼として、予選最終日に手製のお弁当を差し入れすることを約束します。

その話を立ち聞きしていた千夏は、山本先生の予算が尽きたことで食いっぱぐれてしまったのです。

そんなに唐揚げが食べたかったのかと尋ねると…

蝶野さんを見て、羨ましいなって

それを聞いた大喜は…言葉にできない感情が高まり、、

羨ましいって…唐揚げのことだよな、それとも…

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ

22話

大喜はダブルスの試合当日で、明日がシングルス、千夏は明日がチームでの決勝戦です。

大喜は、明日が終わったら一つ質問していいのかを尋ねます。

その真意は、昨日の唐揚げを巡った出来事の真意を知りたかったのです。

そしてシーンは移り変わり、ダブルスの試合会場に。

優勝候補の佐知川高校とはブロックの決勝での対戦になります。

針生先輩は、佐知川高校の試合の見学をしに近くに寄ります。

すると、針生先輩の知り合いでもある佐知川高校・兵藤が話しかけてきました。

兵藤は、すべての能力がバランスよくカンストしていて、完全にレベルが違うプレイヤーなのです。

一定の強さを確認したところで、針生先輩と大喜はアップ始めに控室へ向かいます。

すると、一人の男子生徒が財布を落としながら椅子で寝ていました。

大喜は不用心である事を心配しながら、起こして財布を拾って渡してあげました。

なんと、その選手は佐知川高校の遊佐選手だったのです。

どんな実力なのか、因縁じみた出会いは試合にどんな影響をもたらすのか!

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ
スポンサーリンク

23話

ダブルスの試合で、兵藤ペアと針生ペアが激突しています!

1ゲーム目の途中経過は 16-9

しかし…

最終的には攻略できず、ダブルスは敗退となりました…

一方、千夏はチームで決勝進出となり明日の試合を迎えることになります。

大喜は悔しがりながらも、決して後ろ向きにはなっていませんでした。

そして、いよいよシングルスのトーナメント当日!

その組み合わせが発表されました。

針生先輩と大喜は決勝で当たることになりますが、準決勝で兵藤とぶつかります。

最後まで粘って食らいつき、全力で勝ちに行く姿勢を目指す大喜でしたが…

現実が付きつけられ…

その途中である佐知川高校・遊佐との勝負で敗退してしまいます。

インターハイ出場が潰えた大喜…一体どうなるのか?

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ

24話

県予選敗退が確定した大喜。

呆然と立ち尽くしていますが、息つく暇もなく、敗退者は審判に就きます。

雛が応援に駆け付けた頃には、試合が終わっており…

大会は…一瞬、自分のプレーが出来るかどうかも実力のうち

頑張ったから、努力したからでは評価されない。

それがスポーツ

試合が終わった大喜に声をかける雛…

今の自分の実力ではインターハイ出場は難しいと考えたこともあったが、目標に向かって、とにかくやるしかないって気持ちになるし、実際に上手くなったと思うと感じていました。

しかし、現実は”結局、自分のことが見えていなかった”のかもしれないのです。

雛は心の中で、前だけ向いてがむしゃらに頑張る所が、大喜の良いところだと改めて感じました。

そして、トーナメントは進み、県予選の決勝は針生VS兵藤で、優勝は兵藤となりました。

準優勝ながらもインターハイ出場を決めた針生の打ち上げに大喜は参加しませんでした。

帰宅すると、先に戻っていた千夏が居間にいて笑顔で報告をしていました。

勝者と敗者

明暗が分かれた先に待ち受けるストーリーは?

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ
スポンサーリンク

25話

大喜は追い詰められていました…

それは、大会明け7日後に迫った期末試験。。

大喜はlコツコツ積み重ねるタイプではないので、試験前に追い込まれてしまうのです。

それに加えて、千夏のインターハイ出場の明暗によって家での気遣い方にも”すれ違い”が生じてしまっているようです。

体育館に着き、女子バスケットの早い練習を見ていた大喜は、どこかしら落ち込んでいましたが…

匡と雛は、何があっても前向きで回復が早いところが長所であると分かっているので、そこまで心配はしていない様子です。

俺ってかっこわりぃ…

大喜が部屋でうなだれていると、

そんなことないよ

千夏が現れ、部屋で二人きりに…

すれ違いで距離が生まれてしまった二人…何を語るのか?

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ

26話

千夏は、大喜のメンタルとすれ違いと風邪気味であった体調を気遣って、大喜の部屋にやってきました!

テスト期間などあり、話す時間がなかった二人ですが、この時間に話すことになりました。

千夏から質問されます。

それは、バドミントン部の張り出された目標の張り紙に関してでした。

大喜くんなら、”IH出場”って書くと思った

その真意を聞いてきました。

インターハイ予選の試合の中でスマッシュが決まっていればと思う所がいくつもあったのです。

いざ予選に初めて出てみると、自分より強い人ばかり出場したいたことを感じ…

ただ勝ちたい、全国に行きたいとだけしか思いが無かった”身の程知らず”であったのです。

色糸な面でインターハイ自体、自分には遠すぎたのかもしれない。

そう感じたのでした。

遠くの目標を持つことを怖がらないで欲しい。

そういう人を私は応援するよ

自分で感じて悩んで行動してきた経験があるから、相手の気持ちも考えられる…

優しくできる人…

大喜は改めて、この人のこういう所が好きだと思うのでした。

大喜は料理のうどんの食器を片付けようと立ち上がりますが、熱でふらついてベッドに千夏と倒れ込みます…

ゼロ距離から差し出された両手!

そして…二人は何を語る?

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ

27話

大喜に覆いかぶさるように倒れ込んだ千夏。

大喜の顔に手を当て…冷えピタが剥がれているのを直してくれました。

そのまま寝てなてなさい!

平熱まで下がった大喜は、部活に参加しに学校へ向かいます。

体育館は使用中で、部活のメンバーはプール掃除をしていました。

針生先輩はプール掃除をしている最中、大喜のプレーの弱点を指摘します。

針生先輩は大喜の弱点がスマッシュだけではいなく、佐知川高校の遊佐選手の脅威など、今後気になるポイントを教えてくれました。

そして何より、あんまり弱気にならないこと!

インターハイ出場を逃した大喜に対して全面的にケアをしています。

掃除が終わり、用具室に片付けに向かうと、千夏が先に作業していました。

大喜は昨日のお礼を言い様子を伺いましたが…

千夏は少しうつ向きながら…

うん、昨日ね…どういたしまして

すぐに出て行こうとする千夏!

大喜は、とっさに千夏の腕を掴み呼び止めます!

千夏の表情、そして…二人は何を語るのか?

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ
スポンサーリンク

28話

思わず千夏の手を取った大喜…

我に返った大喜は、手を離し、照れながらごまかします…

その心の中で、もっと慎重にと言い聞かせて、その場に留めるのでした。

渚との恋愛話の中で、今は部活があるので興味はないと千夏に同意を求めます。

千夏は少し間を空けて…

そうだね

合わせて流すように答えるのでした。

渚は、千夏のおかげでインターハイに出られることを、下宿している親戚に間接的に感謝していました。

「その親戚の家にイケメンとかがいたら、千夏にも恋愛フラグ立ったかもしれないのに…」

部活と恋愛の両立において、時間がネックになっているのを解消できるポイントに同居人との距離の近さを取り上げました。

「そんなシンプルじゃないよ」

思わず本音を出ています。

その夜、大喜の家の庭でBBQが行われていました。

率先して家事の手伝いに参加しようとする千夏に対して、大喜の父親は

人様の大事な娘さんを預かっているので、何不自由なく暮らしてもらう責任があると言います。

千夏を預かるにあたっての母親との話し合いの中で…

「責任なら、私も一緒に負うから」

「千夏ちゃんには、すごく大事な2年間なんだよ」

「力になってあげるのが大人の勤めでしょう」

この決断の果てに、千夏がインターハイ出場を決めた事を誇らしく思っていました。

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ

29話

BBQの不足具材を補充するためにスーパーまでやってきました。

話題に詰まっていた大喜は、先日体育館で手を掴んでしまった事を謝ろうとします。

「大喜くん、この前…大喜くんが熱出した日のこと…忘れよ?」

「千夏は居候させてもらっている身として、良くないと思うから…あぁいうことが起こらないように気を付けるね。」

千夏は軽率な行動をとったことを謝りました。

これに大喜は“自分勝手に距離を置かれた”ように感じたのでした。

その後も、自分との距離が縮まることが“良くない事”であると言われたショックから、千夏とは疎遠になっていました。

その様子を見て雛は何を想うのでしょうか…?

そして、夏休みが始まります。

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ
スポンサーリンク

30話

今までと何ら変わりがないという気持ちで大喜は受け止め、部活に励みます。

部活の後、大喜と同級生たちは学校の図書館で勉強していました。

勉強が苦手な雛は、脱力状態でしたが…

気のある伊藤がアプローチを仕掛けてきていました。

「今まで全然気づかなかったけれど、皆知らないうちに恋愛にしているんだな」

大喜は、強く気にする様子はありませんでした。

校内の花火大会のポスターが目につき、大喜と雛が中学時代に仲良くなった同じ花火大家での過去が回想されます。

当日、体操の練習で集合時間に遅れてしまった雛は走って会場に向かっています!

大好きで楽しみにしていた”りんご飴”が売り切れてしまって、ショックを受けていました…

我慢を心に決めていると、そこに…大喜が現れ!

りんご飴を手渡したのです。

雛の涎を見て、買い置いてくれていたのでした。

あれから3年…雛と大喜は一緒に花火大会に行く約束をするのでした!

雛が動く!絶妙なタイミングで取り付けたチャンス!どうなるのか?

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ

31話

大喜の家の中でも花火大会の話題になり…

大喜は、みんなで行くことを母親に告げるのでした。

大喜は、デートの誘いではなく雛が音頭を取ったと解釈してしまったのです。

それを聞いていた千夏は、笑みを浮かべていました。

そして…次の日、雛が予想してなかった一言が大喜から発せられます。

ほかに誰かくんの?

花火大会には二人で行くイメージだったので、雛は一瞬、我を忘れてしまいました。

誘うのすっかり忘れてたー!

咄嗟の反応でやり過ごしてしまった雛…

ほんの少しの勇気があれば…

涙を浮かべる雛…次の行動は?

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ

32話

大喜と雛、すれ違いの後…大喜は花火大会の話を匡にして、誘い出します。

雛が言い出しっぺである事を聞き、匡は二人で行きたかったんだろうな…と察します。

一方、雛は同期の女子を誘いますが、先約があったとのことで、あっさり断られてしまいます。

改めて二人で誘うように提案しますが…

もし断られたら全部ダメになっちゃうもん。

雛のネガティブな面が踏み出す勇気を阻んでしまっているようです。

バスケ部内でも花火大会の話題が上がり、男子も誘うかをどうかを問われた千夏は…

女子だけでいいんじゃない?

結局、いつものメンバーで花火大会に行くことになった大喜。

雛は、千夏と行きたかったのかと問うと…

「行けないよ、それに誘ったとしても100%断られてたね」

ここ数か月で仲良くなれたと思って、もっと近づきたいと思っていたけれど…そう思っていたのは俺だけだった。

そして、大学生との合同練習と花火大会当日…

なんと、合同練習には県予選1位の兵藤も参加してきていました。

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ
スポンサーリンク

33話

県予選一位の兵藤が気さくに話しかけてきて、大喜にアドバイスをしてくれました。

大喜の弱い部分を指摘し…

このままだと来年のインターハイ2枠、針生と遊佐に決まりだと思うけれど、どう思う?

それに対して大喜は、二人はまだ明確に目標の存在であり…自分は

追う方が頑張れるタイプであると言い切ります。

「追われている人間は努力の仕方を知っているから先にいる」のだと心の中で呟きます。

練習が終了して、匡と合流すべく連絡を入れますが…

すまん、熱出た。今日、花火大会行けない。

二人で行って来て。

いよいよ二人きりでの時間が始まります!

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ

34話

雛は、デート状態になるのを予期していなくて、まだ緊張が解けていない状況です。

本当はちゃんと見て欲しい…

出来れば…できれば可愛いって思って欲しい!

まだ恥ずかしさもあり、見て欲しいけど…見て欲しくない気持ちです。

大喜は、普段通りに接しているので…どこか気持ちに温度差が生まれてしまっていました。

「難しいのに頑張って、すごいなぁ」と取りこぼしなどを指摘していると

すぐにバカにしていると雛は捉えられます…続けて大喜は

可愛いと思ったから、褒めてんじゃん

意外な一言が飛び込んできます!

雛は満面の笑みで、花火を見上げてます。

そして、花火大会の休憩時間になり、大喜はトイレに向かいます。

その途中に、迷子になっている子供と千夏にばったり出くわしてしまいます!

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ
スポンサーリンク

35話

迷子の子供を保護している千夏と共に本部へ向かう大喜。

その間、待っていた雛はクラスメイトに見つかってしまいます。

一人でいたところを気遣ったクラスメイト達は一緒に合流するように雛を誘いました。

雛は、誘いに反応するのでしょうか?

本部に迷子を連れて行く途中、千夏の幼馴染である花恋に出会います。

花恋は針生先輩の彼女であり、千夏の親友であるのです。

大喜は、それを知り挨拶をすると花恋は既に認知していました。

早速、花恋は針生先輩に報告します。

今、いいもの見ちゃった!

いのまただいきくんとちーが居たの!

デートって感じじゃなかったけど…付き合っちゃえばいいのにと考えに対して、

“そーいう感じじゃないだろ”と針生先輩は諭すのでした。

タッチの差で行き違いとなってしまった母親を探すために、大喜と千夏は手分けをすることに。

千夏は、迷子の子と話しながら、以前に花恋と話したことを思い出します。

大喜と同居するにあたり、意識することはあるのだと打ち明けます。

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ

36話

迷子のお礼の髪飾りを受け取った千夏は、笑顔で喜び応えます。

大喜は、言葉では似合っていると笑いかけますが…心の中では、

きっと今、千夏先輩に可愛いなんて言ったら、一瞬間があって、社交辞令的な「ありがとう」を言われて…

この楽しい時間は、終わってしまう…

二人とも待ち合わせがあるので、「また、家で」とあいさつを交わし、一旦解散となりました。

待たせていた雛と合流した大喜、そして雛は一人で待っていました!

屋台のごはん美味しいし、花火はキレイだし最高!

また来年来たいね。

雛は心の中で、”二人きりで”っていう意味も含まれているんだと…

と呟きます。

千夏もバスケ部の同期と合流します。

「てかなんで、寂しそうな顔してんの?」

寂しさが顔に出ていた千夏…それは何を意味するのか。

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ

37話

インターハイに向けて練習中…

昼休憩になり、廊下で仮眠を取っていた大喜。

そこへ千夏がやってきます。

爆睡している大喜に対して話しかけます。

もしもーし、いのまたくん

この前、聞きそびれたことがあるんだけど、蝶野さんと付き合い始めたのですか?

回答によっては、同居人として心持ちが変わるんですが。

それならそうと言ってくれればいいのに。

“皆で”なんてウソつく必要ない。

それなら私だって…嘘つかれるのは寂しいんだからね。

千夏は花火大会を回想し、目を閏わせながら言いました。

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ

38話

早朝、インターハイへ向かう千夏。

そこへ忘れ物を届けに走ってきた大喜は、しばし歓談しながら…

千夏のミサンガはまだ切れていせん。

大喜はキレていないミサンガに対して、さらに願掛けを追加します。

千夏先輩が、ケガが一つなく、今までの成果をいかんなく発揮し、かっこよく勝利を収めますように。

最後にハイタッチをして送り出しました。

バドミントンのインターハイ会場に着いた大喜。

そこで、応援しに来ていた針生先輩の彼女・花恋と出会います。

今な、ちーと電話していたの!かわる?

突然のフリに大喜は何を話すのか?

より詳しいネタバレはこちらから!

ネタバレ
ゆめ子

BookLive!は、友達招待コード「46591072」を入力して30日間20%ポイント還元!

『 アオのハコ 』

BookLiveは初回登録時に50%オフクーポンをゲットできます!
友達招待コード「46591072」を入力して30日間20%ポイント還元

BookLive(ブックライブ)の魅力!

クーポンが当たる「BookLive!」

初回会員登録で50%OFFクーポンがもらえる!

さらに毎日引けるクーポンガチャでお得なクーポンを頻繁にGETできます!

最大限お得に購入する方法

ポイント①初回会員登録50%OFFクーポンを使う
ポイント②友達招待コード「46591072」を入力して30日間20%ポイント還元

招待コードの入力は会員登録後、Myページ、友達招待ページにある、「招待コードの入力へ」から入力する事ができます。

スポンサーリンク

BookLive!(ブックライブ)の会員登録手順

(出典:BookLive)

BookLive!の無料会員登録は、メールアドレスの他に、Yahoo!、Facebook、LINE、Appleの各IDからも手続きが可能です。

これらの外部サービスで会員登録する場合は、各サービスのアイコンをタップしてID情報を引用して登録するしくみです。

それぞれの外部サービスがブラウザでログイン状態になっていれば、IDの入力も不要なので、メールアドレスでの会員登録よりも簡単にできます。

会員登録ができたら早速ログインして、マイページを確認してみましょう。

ログイン方法は、メニュー画面から「ログイン/会員登録」を選んで、登録情報を入力するだけです。

おわりに

「アオのハコ」は、高校生主人公・大喜と一つ年上の先輩・千夏が大喜の家で下宿し同居生活を送る内容を描いた青春恋愛ストーリーで、ごまかしのない王道の青春漫画です。

主人公・大喜と一つ上の先輩・千夏、そして、幼馴染の雛が繰り広げる三角関係…お互いに距離が縮まらない、気持ちを爽やかに表現している表情や間が独特に描かれています。

もどかしい内容ではありますが、しっかりと悩みながら生きるリアルな描写はものすごく尊い内容です。

大きな話題になる前に是非チェックしておきましょう!

『 アオのハコ 』

BookLiveは初回登録時に50%オフクーポンをゲットできます!
友達招待コード「46591072」を入力して30日間20%ポイント還元

この記事を書いた人

推し漫編集部(遊び忍)
アクション映画・漫画・占い・ゲームが大好き。
対戦格闘+麻雀+クイズゲームの3冠王の経歴あり。

【漫画の得意ジャンル】
ダークファンタジー/スポーツ系/ギャンブルサスペンス/アイドル・部活青春系など

イチオシ電子書籍サイト!「BookLive!」

初回会員登録で50%OFFクーポンがもらえる!
・毎日回せるクーポンガチャで、頻繁に割引クーポンがゲットできる!
・Tポイント還元!
・友達招待を利用すると30日間20%のポイント還元!

招待コード「46591072」
入力で20%Pt還元!

BookLive!は圧倒的なジャンルと作品数、電子書籍の総合サイト!

最大限お得に購入する方法

ポイント①初回会員登録50%OFFクーポンを使う
ポイント②友達招待コード「46591072」を入力して30日間20%ポイント還元

招待コードの入力は会員登録後、Myページ、友達招待ページにある、「招待コードの入力へ」から入力する事ができます。

速報のお知らせ!(2021.5.7)
編集部

今、コミック.jpがアツい!!
お試し無料登録で1,200ポイントと大盤振る舞い!

マンガ作品配信数最大級!「コミック.jp」

30日間無料お試しで貰えるポイント増量中!
1,200ポイント(通常675ポイント)

\キャンペーン中/

・10冊買うと1冊もらえる! 
※購入金額の10%分のポイントをキャッシュバック
・定期的に変わる無料漫画が沢山! 

コミック.jpを使うと1,200ポイント分(マンガ約2冊分)が無料で読めちゃう!